アクションプランと取組み状況

関西みらいフィナンシャルグループ(代表取締役兼社長執行役員 菅 哲哉:以下「当社」)およびグループ各銀行では、2018年4月2日に公表した「関西みらいフィデューシャリー・デューティー基本方針(以下「基本方針」)」のもと、この「基本方針」を実践するための具体的な取組み方針であるアクションプランを策定し、その内容を定期的に見直すとともに、その取組み状況と併せて公表してまいります。

また、2018年6月に金融庁が公表した「投資信託の販売会社における比較可能な共通KPI」に関しましても、同様に公表してまいります。

当社では、2018年5月から中期経営計画(計画対象期間:2018年度から2020年度の3年間)をスタートし、『お客さまから「なくてはならない」と思っていただける銀行グループ~関西の地域経済・社会に欠かせない圧倒的な存在感の実現~』を目指して役職員一同一層の努力を重ね、お客さま本位の質の高い金融商品の販売やサービスの提供に努めてまいります。

「投資信託の販売会社における比較可能な共通KPI」について(PDF:343KB)

アクションプランと計数指標

アクションプランと計数指標

具体的な取組み内容

最適なサービスの提供

お客さま本位のコンサルティングの実践

  • お客さまの知識や投資経験、資産状況、リスク許容度を踏まえた適切な金融商品の提案を行う等、各々のお客さまに適合したコンサルティングを行ってまいります。
    また、お客さまの安定的な資産運用、資産形成を着実に実践するため、中長期分散投資に資する商品の提案を行ってまいります。
  • 中長期分散投資の提案
    • お客さまの安定的な資産運用、資産形成を着実に実現するため、一例としてバランス型投資信託等を提案してまいります。
    • 将来のために着実に資産形成をしたいというお客さまのニーズを実現するため、積立型投資信託等のご提案を行ってまいります。また通貨分散の観点より外貨預金を提案や、「そなえる」「ふやす」「のこす」といったニーズに対応できるよう保険商品の提案を行ってまいります。
  • 利便性の高いサービスの提供
    • 窓口や訪問での保有商品の状況、経済動向や相場環境等各種情報のご提供に留まらず、インターネット等様々なチャネルを通じてタイムリーな情報をご提供してまいります。
    • 併せて手続きの簡素化、利便性向上に資するタブレット端末を活用する等、お客さまの知りたい情報を常に発信することに加え、高い利便性を兼ね備えたインフラの整備を行ってまいります。

お客さま本位の商品ラインアップの整備

  • 多様化するお客さまのニーズに対応するため、商品ラインアップを充実させ整備してまいります。さまざまな運用会社、保険会社等からお客さまに相応しい複数の商品を選定し、ご提案する商品の特性・リスク・手数料等についてお客さまへ分かりやすい情報の提供に努めてまいります。
  • お客さまの知識や投資経験、資産の状況、リスク許容度等を踏まえ、適切な商品を提案できるよう商品の見直しを行い、商品ラインアップの整備に努めてまいります。
  • グループ会社の商品にとらわれず、お客さまにとって適切な金融商品を選択していただけるよう努めてまいります。
  • 商品のラインアップを拡充し、つみたてNISA向け商品等の長期分散投資に資するバランス型投資信託をご提供いたします。

お客さま本位のアフターフォローの充実

  • お客さまにご安心していただけるよう定期的に保有商品の運用状況等を報告するとともにポートフォリオの現況等お客さまに応じた情報提供を行います。強い信頼関係のもと中長期投資のサポートに努めます。
  • 運用商品を購入のお客さまに対し、安心して運用商品を保有していただけるよう、販売時における担当者の商品内容・リスク・手数料・重要事項等の説明が十分に行われていたかをアンケート等により確認してまいります。
  • 投資信託や外貨預金等を保有のお客さまを対象に、書面やインターネットにより定期的に運用状況についての情報を提供してまいります。

お客さまの金融リテラシーの向上に向けた取組み

  • お客さまに金融知識を深めていただくため、各種セミナーや個別相談会の機会をご提供します。お仕事をお持ちのお客さまや平日に参加できないお客さまには休日セミナーや職場で受講できるセミナーを開催するなど、お客さまの資産形成に向けあらゆる方面から支援してまいります。

人材・組織

お客さま本位の業務運営推進に向けた態勢整備

  • お客さまニーズを踏まえたお客さま本位の営業活動を評価するため、バランスのとれた業績評価体系を整備するよう努めてまいります。
    また、サービスに対するお客さまの満足度をアンケート等で定期的にモニタリングし、お客さまの声を商品の充実や品質向上に反映してまいります。
  • お客さまの様々なニーズに対応し、適切なアドバイスや提案ができるよう職員の育成に注力してまいります。
  • 商品知識の習得・向上とお客さまへの説明等のスキル向上を図るため、従業員向けのセミナーやロールプレイングを含む研修等を継続して実施いたします。
  • FP技能検定等の資格取得を推奨しており、併せて通信講座等を通じて「お客さま本位の業務運営」に対する意識を高めていく等、お客さまの信頼に応えることのできる人材を育成してまいります。
  • お客さま本位の業務運営に係る取組みを推進するため、経営陣で構成する「フィデューシャリー・デューティー推進委員会」を新たに設置いたします。
    同委員会では、当社グループ各銀行におけるお客さま本位の業務運営の徹底に向けた具体的な取組み状況を経営陣に定期的に報告するとともに、取組みの一層の充実や改善に向けた議論を行ってまいります。

取組み状況

アクションプランへの取組み状況について(PDF:136KB)