業績ハイライト

2021年3月期

2020年3月期決算の概要

業務粗利益は、預貸金利回り差の縮小等による資金利益の減益及び保険関係収益の減少等による役務取引等利益の減益により、前期比55億円減益し、1,428億円となりました。
実質業務純益は、経費が継続的なコントロール等により前期比28億円改善したことから、同27億円減益し、292億円となりました。
与信費用は、評価方法の一部見直し等により前期比11億円費用が増加し、△62億円となりました。
親会社株主に帰属する当期純利益は、前期に計上した「負ののれん発生益」566億円の剥落、及び統合費用の増加等により、前期比644億円減益し、39億円となりました。

損益の状況

【連結】

(億円)

  2019/3期
通期
2020/3期
通期
前期比
業務粗利益

1,484

1,428

△55

 資金利益

1,127

1,092

△35

 役務取引等利益

312

282

△30

 その他業務利益

43

54

+10

  うち債券関係損益

17

20

+2

経費(除く銀行臨時処理分)

△1,164

△1,136

+28

 (OHR)

78.4%

79.5%

+1.0%

実質業務純益

319

292

△27

株式等関係損益

0

△40

△40

与信費用

△50

△62

△11

その他の臨時損益等

△102

△103

△0

経常利益

166

85

△81

特別損益

560

△17

△578

 (うち負ののれん発生益)

566

-

△566

税金等調整前四半期純利益

727

68

△659

親会社株主に帰属する四半期純利益

684

39

△644

【2行合算(単体)】

業務粗利益

連結粗利益

経費(除く臨時処理分・のれん償却額)

営業経費

当期(四半期)純利益

当期純利益

(億円)

  2017/3期
通期
2018/3期
通期
2019/3期
通期
2020/3期
通期
前年比
業務粗利益

1,482

1,466

1,395

1,355

△39

資金利益

1,204

1,198

1,157

1,101

△55

役務取引等利益

189

223

220

204

△15

その他業務利益

87

44

18

49

+31

うち債券関係損益

57

19

△1

24

+26

経費(除く臨時処理分・のれん償却額)

△1,132

△1,116

△1,120

△1,098

+21

実質業務純益

349

349

275

257

△17

株式等関係損益

22

65

38

52

+14

与信費用

14

△11

△41

△47

△6

その他の臨時損益等

△43

△33

△112

△113

△1

経常利益

342

369

160

148

△11

特別損益

25

1

△1

△25

△24

税引前当期(四半期)純利益

368

370

159

123

△36

当期(四半期)純利益

281

291

130

83

△47

関連リンク