融資業務における基本的な取組姿勢

融資業務における社会・環境配慮の考え方

当社グループは、地域社会・経済の健全かつ持続可能な発展に資する融資の取り上げを行い、お客さまとともに持続的に成長していくことを目指すために「融資業務における基本的な取組姿勢」を定めています。
当社グループは、持続可能な社会づくりに貢献するため、社会・環境に配慮した商品・サービスの開発・提供などを通じてお客さまの社会・環境問題への取り組みを積極的に支援することは、金融機関の重要な責務であると考えています。

融資業務における基本的な取組姿勢

(1)基本的な取組姿勢

国連が提唱するグローバルコンパクトに謳われている基本的な考え方である「人権の保護」、「不当な労働の排除」、「環境への対応」、「腐敗の防止」、及びSDGs(持続可能な開発目標)やESG(環境・社会・企業統治)等の社会課題への取組みを踏まえた融資対応を行います。
これら社会課題の解決に向けた取組みを、融資業務を通じて積極的に支援することにより、お客さまの中長期的な企業価値向上や持続的成長に寄与していくことに努めます。

(2)目的

本取組姿勢は、融資業務を通じて、地域社会・経済の健全かつ持続可能な発展に寄与することを目的としています。

(3)具体的行動

本取組姿勢を具現化する観点から、以下の取り組みを実践します。

  • 融資先のお客さまの社会課題に向けた取り組みを金融機関として積極的に支援します
  • 社会・環境課題解決に向けた取り組みが途上のお客さまに対しては、対話を通じて働きかけを行っていきます
  • 特に深刻な社会課題である「人身売買等の人権侵害への加担」や「児童労働や強制労働」への直接的または間接的な関与が認められる企業との融資取引は行いません
  • 核兵器・化学兵器・生物兵器等の大量破壊兵器や対人地雷・クラスター弾等の非人道的な兵器の開発・製造・所持に関与する先や、国内外の規制・制裁対象となる先、またはその虞のある先への融資は行いません
  • 環境に配慮した商品・サービスの開発・提供などを通じてお客さまの環境保全活動を積極的に支援することは、金融機関の重要な責務であると考えています。したがって、融資を通じて、お客さまの環境に配慮した取組みを積極的に支援していく一方で、環境に重大な負の影響を及ぼすおそれのある開発プロジェクト等への融資は行いません
  • 石炭火力発電事業にかかるプロジェクトファイナンスについては、災害時対応等の真にやむを得ない場合を除き、新規融資は行いません

具体的な取り組み内容

上記取組姿勢を具体化するため、当社グループにおける信用リスク管理の基本原則である「クレジット・ポリシー」に、社会的責任や環境への配慮を踏まえた考え方を明示し、従業員の意識向上に努めています。

今後の対応

今後は、融資先の社会・環境へ配慮した活動を金融機関として支援していきます。
例えば、環境問題については、大型プロジェクト等への融資について、そのプロジェクト等が環境に及ぼす影響やお客さまの環境に配慮した取り組みを適切に把握・評価するために定めた手続に基づき、環境への影響の内容や大きさ、環境配慮の取り組み状況について確認を行います。国際条例等に反すると判断したプロジェクト等に対するファイナンスは行いません。
また、社内への啓発を通じて、融資を通して持続可能な社会づくりに貢献していくことの重要性について、継続的な従業員の意識向上にも努めます。