グループのCSR活動について

当グループでは、全役員・従業員が進むべき方向、共有すべき価値観を示すものとして「経営理念」を定めています。
この経営理念のもと「グループCSR方針」を定め、「本業を通じたCSR活動」 「社会貢献活動等を通じたCSR活動」に積極的に取組むことで、お客さま・株主・社会・従業員などすべてのステークホルダーとともに、地域経済および地域社会の持続的な発展を目指してまいります。

グループCSR方針

1. コーポレートガバナンス 責任ある経営体制および経営に対する監視・監督機能強化に努め、すべてのステークホルダーに対する説明責任を果たします。
2. 人権 当グループが影響を及ぼすお客さま、株主、従業員等、すべてのステークホルダーの基本的人権を尊重する企業風土・職場環境を醸成します。
3. ダイバーシティ 職場における能力開発の機会を通じた人材育成および成果の公正な評価とダイバーシティの組織風土の定着を推進します。
4. コンプライアンス 法令・ルール・社会規範の遵守を通じて、すべてのステークホルダーに対して責任ある企業活動を行います。
5. 消費者課題/お客さまサービス お客さまの大切な個人情報・資産を守り、一人ひとりの立場に立った質の高い金融サービス、啓発の機会を提供します。
6. 地域社会への貢献 関西の未来とともに歩む金融グループとして、地域との共生を大切な使命と位置づけ、自社の持つ経験・資源を活用して、社会的課題の解決に取組みます。
7. 環境 かけがえのない地球環境を大切にし、環境に配慮した企業活動を適切に実践します。

人権に関する基本的な考え方

当グループでは、人権への取組姿勢を明確化し、企業の社会的責任として人権に配慮した企業活動を適切に実施するために、「グループ人権方針」を制定しています。

【グループ人権方針】

当グループは、お客さま・従業員をはじめ、あらゆるステークホルダーの基本的人権を尊重します。

1. 国際規範の尊重 世界人権宣言、国連グローバル・コンパクトなど、人権に関する国際規範を尊重します。
2. 差別の排除 あらゆる企業活動において、人種、民族、宗教、国籍、出身、社会的身分、信条、年齢、障がいの有無、身体的特徴、性別、性的指向や性自認などを理由とした差別や人権侵害を行いません。
3. 人権を尊重する企業風土の醸成 あらゆる人権問題を自分自身の問題としてとらえ、相手の立場にたって物事を考えることを励行し、人権を尊重する企業風土を醸成します。
4. 働きやすい職場環境の確立 役員・従業員一人ひとりがお互いをビジネスパートナーとして認め合い、自由に意見を言い合える対等な関係を構築することで、働きやすい職場環境を確立します。
セクシュアル・ハラスメントやパワー・ハラスメントは人間の尊厳を傷つける行為であり、これらを含む全てのハラスメントを職場から排除します。
5. 公正採用の実施 従業員の採用に当たっては、「法の下の平等」と「職業選択の自由」を尊重し、本人の人格、適性、職務遂行能力を基準とした、厳正、公平な選考を行います。
6. 人権研修の充実 あらゆる人権課題の解決に向け、役員・従業員一人ひとりが人権に関する正しい理解と認識を深めることを目的に、幅広い人権研修を実施します。

グループ環境活動について

当グループは、環境への取組み姿勢を明確化し、環境に配慮した企業活動を適切に実施するため、グループ環境方針を制定しています。地域社会の一員としてできることは何かを、グループの役員・従業員一人ひとりが課題として認識 し、地球環境保護のために取組んでいます。

グループ環境方針

1. 環境関連法規等の遵守 環境保全に関する法規制および私たちが同意するその他の要求事項を遵守します。
2. 本業を通じた環境保全 環境に配慮した商品・サービスの開発・提供などを通じて環境保全活動を支援します。
3. オフィスにおける環境負荷低減 省資源・省エネルギー活動により、環境負荷の低減に努めます。
4. 環境コミュニケーション 環境に関する情報を社内外に積極的に発信し、環境教育や啓発活動を推進します。
5. グループ内啓発と全員参加 本方針を全役職員に周知徹底し、役職員一人ひとりが環境保全に配慮して行動します。