トップメッセージ

代表取締役兼社長執行役員 菅 哲哉

平素より関西みらいフィナンシャルグループをお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

この度の新型コロナウイルス感染症の拡大により影響を受けられた方々に、心からお見舞いを申し上げます。

我々を取り巻く環境は、新型コロナウイルス感染症拡大に加えまして、昨今のウクライナ情勢や米中摩擦などの地政学的リスク、さらには、米国金利をはじめとした市場の動向など、グローバルな情勢にも目が離せない状況です。

また、デジタル化やSDGsによる産業構造の大きな変化により、世の中は百年に一度の大変革期を迎えています。
これは決して止めることのできない、大きな時代のうねりとなっています。

正に、何が起こるか分からない中で、あらゆる備えを持って行動し、常に変革へ挑戦していかなければならないということだと考えています。

斯様な環境ではありますが、当社にとってこの1年は、難局を乗り越え、将来の成長への布石となる、極めて重要な1年となります。

2020年度からスタートした第二次中期経営計画「Change Gears for “Kansai”」も本年度が最終年度となります。
計画期間において、当社はお客さまの利便性向上に向けたさまざまな取組を行っています。

一例を紹介しますと、関西みらい銀行では土日や祝日も資産運用などのご相談にご利用いただけるセブンデイズプラザを大阪市内に2拠点、滋賀県草津市内に1拠点新設しました。
また、池田泉州銀行、滋賀銀行とのATM無料相互開放サービスも開始しました。
みなと銀行においても、さまざまなお取引がスマホで完結するグループアプリの提供を開始しました。

今後もこうした取組を継続することで、お客さまとの接点を増やすと同時に利便性を高めることによって、「豊かな未来づくりのお手伝い」を実現します。

関西みらいフィナンシャルグループは、りそなグループの一員として、お客さまの喜びや幸せに最大の価値を置き、真にお客さまのためとなる質の高い金融サービスを提供します。

お客さまから「なくてはならない」と思っていただける銀行グループを目指し、役職員一同、地域とお客さまの成功に全力を尽くしてまいりますので、皆さまには、今後とも一層のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

2022年4月吉日

代表取締役兼社長執行役員 菅 哲哉