コーポレートガバナンス体制

当社のコーポレートガバナンスに関する基本的な考え方と枠組みは以下のとおりです。
なお、りそなグループのコーポレートガバナンスについては、こちらをご覧ください。

コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、高いコーポレートガバナンスの意識に裏打ちされた健全な経営と地域特性も踏まえた経営体制の最適化が経営の最重要課題の一つと位置付けております。

当社は、すべてのステークホルダーの立場を尊重し、経済・社会等の環境変化に対応するための迅速・果断な意思決定を行うために、優れたコーポレートガバナンスの実現を目指します。

当社は、関西みらい銀行及びみなと銀行をはじめとした金融サービスグループの持株会社として、りそなグループのグループガバナンスのもと、当グループ全体に対して実効的なコーポレートガバナンスを発揮します。

当社の企業統治システム

上記のコーポレートガバナンスに関する基本的な考え方のもと、当社は、経営の監督と業務執行の機能を明確に分離し、取締役会の監督機能と意思決定機能を強化することが重要と考え、当社の企業統治システムに「監査等委員会設置会社」を選択しております。

取締役の構成としては、3分の2が非業務執行取締役、3分の1が独立社外取締役であり、議案審議の客観性・透明性を確保し、取締役会による取締役および執行役員に対する監督機能の強化ならびに公正で透明性の高い経営の実現を図ります。

当社は、当グループが地域社会とともに発展すること等を目的に、子会社各社の自律性を確保しつつ、上記のコーポレートガバナンスにかかる基本的な考え方に沿った経営が行われるよう子会社各社の経営管理を行います。