リスク管理体制

リスク管理の基本的考え方

関西みらいフィナンシャルグループおよび各グループ会社(以下、当グループ)は、「関西の未来とともに歩む新たなリテール金融サービスモデル」の構築に向け健全な経営を遂行していくため、リスク管理に関する以下の原則を定めて、管理体制・管理手法の高度化を図るとともにリスクのコントロールを行い、経営の健全性を確保しつつ収益力を向上できるよう、リスク管理に取り組んでいます。

  1. 経営体力を超えたリスクテイクを行わない
  2. 顕在化した損失もしくは顕在化が予見される損失は、先送りせずに早期処理を行う
  3. 収益に見合ったリスクテイクを行う

リスク管理の方針とリスク管理体制の整備

関西みらいフィナンシャルグループ(以下、当社)では、当グループにおけるリスク管理の基本的な方針として「グループリスク管理方針」を制定しています。

関西みらい銀行およびみなと銀行(以下、各グループ銀行)は、「グループリスク管理方針」に則り、各々の業務・特性・リスクの状況等を踏まえてリスク管理の方針等を制定しています。

当社および各グループ銀行のリスク管理の方針等には、管理すべき各種リスクの定義、リスク管理を行うための組織・体制、リスクを管理するための基本的枠組み等を定めています。

当社および各グループ銀行では、リスクカテゴリー毎にリスク管理部署を設けるとともに、各種リスクを統括管理し統合的に管理する統合的リスク管理部署(リスク統括部署)を設けています。リスクカテゴリーについては、主として下表の通りに分類し、各リスクの特性に適った手法によって管理しています。

その他のグループ主要会社においても、「グループリスク管理方針」に則り、各々の業務・特性・リスクの状況等を踏まえたリスク管理体制を整備しています。

リスク管理の方針とリスク管理体制の整備

グループのリスク管理

当社は、グループ共通事項としての各種方針・基準・制度等を各グループ会社(以下、各社)に指示もしくは提示します。

一方各社は、当社が示した方針等に則ったリスク管理に関する重要事項を決定する場合、当社と事前協議を行い、その協議結果を踏まえて決定しています。

こうした枠組みに基づき、当社は各社のリスク管理に関する方針および規程・基準・制度等を指示もしくは提示、あるいは事前協議において検証することで、当グループ全体のリスク管理を統括する体制を確保しています。

また当社は、各社のリスク管理に関する各種限度・ガイドライン等、リスクテイクに関する方針を事前に協議するとともに、各社からリスクの状況およびその管理状況に関する報告(定期、随時)を受け、必要に応じて指導・助言を行っています。

なお、当社におけるリスク管理体制は下図の通りであり、各リスク管理部署が担当するリスクカテゴリー別に、当グループ全体の各種リスクを統括する体制としています。

グループのリスク管理体制図

各グループ銀行のリスク管理体制

各グループ銀行では、当社が制定した「グループリスク管理方針」および自社の特性を踏まえ、リスク管理にかかる方針等を定めています。これら方針等に従い、リスクの種類に応じたリスク管理部署を設置するとともに、それら管理部署を統括するリスク統括部を設置し、銀行全体のリスクの状況を的確かつ一元的に把握・管理する体制としています。
本体制のもと、経営の健全性を確保しつつ収益性の向上や適正な経営資源の配分を目指す統合的リスク管理を実施しています。

関西みらい銀行のリスク管理体制図
みなと銀行のリスク管理体制図