内部監査体制

グループ内部監査

関西の未来とともに歩む金融グループとして、新たなリテール金融サービスモデルを構築するために、内部監査の果たすべき役割は非常に重要であるとの認識に立ち、関西みらいフィナンシャルグループおよび子会社である銀行(以下、子銀行)に内部監査部署を設置しています。
当社および子銀行の内部監査部署は、各社が経営管理体制を確立し、業務の健全性・適切性や社会的信頼を確保するために行う経営諸活動について、その遂行状況を検証・評価し、改善を促進することにより、企業価値の向上を支援することを目的とする重要な機能を担っています。

組織体制

当社では、その目的達成のため「グループ内部監査基本方針」を定め、取締役会の指揮の下に、業務担当部署から独立した内部監査部を設置し、内部監査を専ら担当する執行役員を任命しております。また、監査等委員会から内部監査部へ直接指示し、報告させる体制を整備することにより、社長執行役員等に対する監督・牽制を強化しております。
子銀行でも、同様に組織的に独立した内部監査部署を設置しています。

内部監査体制

組織体制

機能・役割

具体的な監査の計画策定にあたっては、内部監査の方針、重点項目等を盛り込んだ内部監査基本計画を策定し、監査等委員会と協議の上、取締役会の承認を得ています。
子銀行の内部監査部署は、当社内部監査部と事前に協議を行い、監査基本計画を策定し、それぞれの取締役会の承認を得ることとしています。
このように策定された監査基本計画に基づいて、当社および子銀行の内部監査部署は内部監査を実施しています。
また、実施した内部監査の結果等については、当社においては、監査経営会議、監査等委員会および取締役会へ報告されます。子銀行が実施した内部監査の結果等については、取締役会および監査役等に報告されるとともに、当社にも報告されます。