コーポレートガバナンス

関西みらいフィナンシャルグループのコーポレートガバナンスについて掲載しています。

コーポレートガバナンス体制

グループ企業価値の向上を目指すうえで、コーポレートガバナンスの強化が最重要課題のひとつであるとの認識のもと、責任ある経営体制及び経営に対する監視・監督機能の強化に取り組んでおります。

コンプライアンス基本方針

当社は、コンプライアンスを「法令、ルールはもとより社会規範を遵守すること」と定義し、コンプライアンスを経営の最重要課題の一つとして位置づけ、コンプライアンス態勢の整備と実践に取り組むために、コンプライアンスに関する基本的な枠組みを定めた「グループコンプライアンス基本方針」を制定しています。

内部監査体制

関西みらいフィナンシャルグループおよび子会社である銀行に組織的に独立した内部監査部署を設置し、内部監査の実施、情報入手、守秘義務等の内部監査の権限および責任を明確にする等により、内部監査体制を整備するとともに、内部監査の実効性を確保しています。